top of page

「虫に悩まされずキャンプを満喫!効果的な虫対策術と対策アイテム」







虫嫌いな人でも安心してキャンプを楽しむためには、適切な虫対策が欠かせません。


虫に刺されるとかゆみや腫れが起こり、快適なキャンプ体験を損ねることがあります。



しかし、適切な対策を講じることで、虫からの悩みを最小限に抑え、心地よいキャンプを楽しむことができます。



 








まず、虫よけスプレーやローションを活用しましょう。



DEET(ジエチルトルアミド)やピクリジンなどの有効成分を含んだ虫よけ製品を使用することで、虫の刺しにくい状態を作り出すことができます。



特に、露出している肌や衣服に均等にスプレーをかけることが重要です。




 





モスキートネットはテント内や寝袋の上にモスキートネットをかけることで、



虫の侵入を防ぐことができます。特に蚊が多い地域や季節には、モスキートネットは必須アイテムです。



ポップアップ型であれば空間が広く見えるのと、持ち運びしやすくておすすめです。



 





長袖・長ズボンの着用


虫に刺されるリスクを減らすために、できるだけ長袖のシャツと長ズボンを着用しましょう。



生地が薄いものだと服の上からも刺されやすいので、狙われやすい足元は靴下でも防ぐなどの工夫を行いましょう。




 

刺された場合の対策

キャンプの際は近くに病院が少なかったり、夜間に刺される危険もあります。

万が一刺された場合の応急セットがあると安心です。



消炎鎮痛剤や塗り薬、刺された後の影響を抑制するポイズンリムーバーがあると、

もしも刺されてしまっても被害を最小限に抑えることができます。






 

まとめ

肌の露出を減らすことで虫よけ対策はもちろんですが、寒さ対策や日焼け対策にもなります。



場所によっては急激な温度変化がありますので、温度調節が可能は服装でキャンプには出かけましよう。



この夏は楽しい思い出作りに茶ウナキャンプ場はいかがですか?













Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page