top of page

快適なキャンプライフを叶えるための焚き火台選びのコツとおすすめ5選

更新日:2023年5月19日



キャンプ好きのみなさん、快適なアウトドアライフを楽しむためには、焚き火台の選び方がとっても重要ですよね!



そこで今回は、私の経験から得た焚き火台選びのコツをお伝えします。



火力の調整や持ち運びの便利さなど、キャンプでの楽しい時間を一層充実させるためのポイントをご紹介します。



さあ、理想の焚き火台を見つけて、思い出に残るキャンプを満喫しましょう!







用途と特性を考える

まずは焚き火台の用途を明確にすることが大切です。

焚き火や調理など、どのような活動に使用するのかを把握しましょう。



また、焚き火台の特性も重要です。耐久性、コンパクトさ、取り扱いのしやすさなど、自分のニーズに合った特性を確認しましょう





サイズと形状を選ぶ

キャンプの人数や設置スペースに合わせて焚き火台のサイズを選びましょう。


大人数なら広いサイズが必要ですが、ソロキャンプならコンパクトなものでも十分です。



焚き火台の形状も考慮しましょう。

浅型なら火の扱いがしやすく、深型なら調理に最適です。





燃料と火の取扱いを確認

焚き火台には薪や炭を使用します。自分の好みや環境に合った燃料を選びましょう。

火の取り扱いが簡単なものや安全性が高いものを選ぶことも重要です。


初めての焚き火台を検討しているのであれば、燃焼制御がしやすい焚き火台や安定した火力を提供するものがおすすめです。





おすすめ焚き火台5選

人気モデルの焚き火台をご紹介します。それぞれの焚き火台の特徴や利点、注意点を詳しく解説します。



好みや特徴など、ニーズに合ったものを選択し、焚き火台のクリーニングや収納時の注意など、長く愛用するためのポイントもチエックして購入して下さいね。



ブランド

焚き火台モデル

特性

注意点

ニーズ​

コールマン

ファイアー

ディスク

- コンパクトで取扱いが簡単

- 多用途に使用可能

- 風に弱く、肺や火の粉が舞いやすい

- 焚き火台本体につけるアクセサリーが別途

コンパクトさと多機能性を重視する人

スノーピーク

焚き火台

- ステンレス製で耐久性が高い

- 燃えやすい形状で初心者でも扱いやすい

- サイズにもよるがLサイズはかなり重たい

- 価格が高い

少し高くとも丈夫な物を長く使いたい人におすすめ

ユニフレーム

ファイアグリル

- 耐久性があり火力の調節がしやすい

- 多機能なアクセサリーが豊富

- 大型で重たいため、持ち運びや設置に注意

- 人気なので人と被りやすい

耐久性と安定した火力を重視する人

キャプテン

スタッグ

ヘキサ ステンレス ファイアグリル

- ステンレス製で錆びにくい

- 焚き火だけでなく、調理にも適した形状

- 焚き火台本体が大きく、持ち運びや収納にスペースが必要

- 組み立てが少し手間

調理のしやすさや、コスパを重視する人

ロゴスコーポレーション

LOGOS the ピラミッドTAKIBI

- 灰受け皿付きで片付けやすい

- 組み立てや収納が簡単

- 囲炉裏スタイルに変形可能

- 灰受け皿から灰が飛びやすい

- 調理の際に薪を追加しにくい

焚き火台としての基本性能に加え、アレンジしたい人





メンテナンスと使用上の注意点

✔ メンテナンス


使用後に焚き火台をクリーニングすることが重要です。

汚れを落とす際には、重曹を使ったり、専用のクリーナーを利用したりしましょう。



また、 焚き火台は湿気や水との接触により錆びることがあります。

長く愛用するため、焚き火台の使用後は乾燥させ、保管する際には湿気のない場所に保管することが重要です。


焚き火台が錆びてしまった場合は、専用の錆び取り剤や防錆スプレーを使用して処理することもできます。




注意点


火の取り扱いには十分な注意が必要です。風の強い日や乾燥した場所での使用を控えるようにしましょう。


火元からの距離や周囲の可燃物の有無にも注意し、火災を引き起こさないようにしましょう。



焚き火台を設置する際には、安定した場所を選びましょう。

焚き火台が安定していない場合は、倒れたり転倒したりする恐れがあります。


焚き火台の周囲に安全な距離を保つことも大切です。



焚き火台の火や、台本体は非常に熱くなるため、手の火傷には十分な注意が必要です。

火に触れる際には耐熱グローブやツールを使用し、火の近くでの作業には細心の注意を払いましょう。






 


まとめ



快適なキャンプライフのための焚き火選びのコツと人気焚き火台おすすめ5選をご紹介しました。


焚き火台の選び方には様々な要素があります。用途や特性、サイズや形状、燃料や火の取り扱いなど、自分のニーズに合わせて選びましょう。


お気に入りの焚き火台を見つけてキャンプ体験を楽しんで下さいね!







Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page