top of page

燃える秘訣は組み方にあり!焚き火をより美しく燃やす方法



焚き火にはたくさんの魅力があります。



まず、その温かさや癒しの効果が挙げられます。焚き火の炎を眺めているだけで心が落ち着き、リラックスできます。



また、アウトドア体験の一環として焚き火を楽しむことも魅力の一つです。

焚き火で火起こしをしたり、調理をしたりすることで、サバイバル感を味わうこともできます。



本記事では、「燃える秘訣は組み方にあり!」というテーマに焦点を当て、

焚き火をより美しく燃やす方法について解説します。



焚き火を楽しむ醍醐味を一緒に探っていきましょう!





 


焚き火の基本知識

焚き火は、燃料・酸素・熱の三つの要素が重要です。


燃料としての薪が加熱されることで、可燃性のガスが発生し、酸素と結びついて燃焼。

この連鎖反応によって熱が生まれ、燃料をさらに加熱するというプロセスが繰り返されます。


焚き火を燃やすためには、三つの要素がバランス良く揃っている必要があります。

もし酸素が不足していたり、燃料の供給が十分でなかったりすると、火は消えてしまいます。






薪の選び方と準備

焚き火に適した薪を選ぶためには、いくつかの要素に注意する必要があります。



まず、薪はしっかりと乾燥させることが重要です。

新鮮な木材は水分を含んでおり、湿った状態で火をつけると燃えにくくなったり、煙が発生したりします。


完全に乾燥させるには、8ヶ月から数年かかると言われています。乾燥した薪は縦にヒビが入っていることがありますので、購入時に注意しましょう。



薪の種類についても考慮する必要があります。焚き火に適した薪は広葉樹がおすすめです。

広葉樹は幹の部分の密度が高く、火持ちが良く、長時間火を使う場合に適しています。



一方、針葉樹の薪は火持ちが短いため、短時間の焚き火に向いています。



薪の長さや割り方も重要です。焚き火台の特性や大きさに合わせて適切な長さを選びましょう。


また、薪を効果的に燃やすためには、適度な太さの薪を選ぶことがポイントです。




 



焚き火の組み方

焚き火の組み方には、井桁型、合掌・閉じ傘型、合掌・開き傘型、並列型の4つの方法があります。


それぞれの組み方のポイントと、燃焼時間や着火のしやすさの違いについて説明します。



組み方

ポイント

燃焼時間

​着火のしやすさ

井桁型

薪同士が密集し、風に強く燃えやすい

長い

容易

合掌・閉じ傘型

火の勢いは井桁型より穏やかで調節しやすい

やや短い

容易

合掌・開き傘型

火の勢いはやや強めで早く炎を確保しやすい

短い

やや難しい

並列型

火の勢いは穏やかで燃焼時間は短い

短い

容易



 



焚き火を美しく楽しむポイントと注意事項

✔️薪の高さと形状


焚き火の美しさを引き立てるためには、薪の高さと形状も意識しましょう。

薪を高く積むと炎が大きくなり、低く積むと炎が穏やかになります。


また、薪の形状を工夫することで、炎の広がりや色彩を楽しむことができます。




✔️煙と飛び火の予防策


焚き火を楽しむ際には、煙や飛び火によるトラブルを防ぐために以下の予防策を講じましょう。

  • 風向きを確認し、煙が周囲に被害を与えないように意識する。

  • 火の周囲には燃えやすい物や乾燥した草などを遠ざけ、安全な距離を保つ。

  • 火を見守り、不用意な動作や遊びは避ける。

  • 火を消す際には、水や砂を用いて十分に確実に消火を行う。



 

まとめ

焚き火をより美しく燃やす方法について解説しました。



薪の組み方を工夫することで、もっと楽しい焚き火体験ができますよ。

炎の勢いや燃焼時間を調節して、美しい火を演出しましょう。



具体的な薪の組み方には、井桁型や合掌型・閉じ傘、合掌型・開き傘、並列型などがあります。

シーンに合わせて適切な組み方を選んでくださいね。





Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page